あなたの受けている脱毛、ホントに永久脱毛ですか?

永久脱毛

最近では脱毛はとても身近な存在になり、お手頃な価格で、たくさんの脱毛サロンやクリニックから自分の好きなサロンやクリニックを選び、気軽に脱毛を受けられるようになりました。

きっとこの記事を読んでくださっている方の中には、すでに脱毛を受けている方や、これから脱毛を始めたいという方が多いのではないでしょうか?

そこで、質問です!

あなたの受けている、またはこれから受けようと考えている脱毛は「永久脱毛」ですか?

脱毛の種類は「フラッシュ脱毛」ですか?それとも「レーザー脱毛」ですか?

脱毛サロンかクリニック、どちらかを選んだ理由は?

そもそも「永久脱毛」ってナニ?脱毛サロンでもクリニックでもどちらでも受けられるの?ただの脱毛とは何が違うの?

・・・と、改めて考えると、脱毛に対していろいろな疑問が湧いてくるのではないでしょうか?

もちろん、脱毛を始めるときに徹底的に調べている方にとっては、簡単な質問かもしれません。

しかし、改めて考えてみると、答えに詰まってしまう方もいらっしゃるのでは?

これから一緒に「永久脱毛」と「フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い」について、頭の中で整頓をしてみませんか?

きっと、これから受ける脱毛のお役に立てるはずです。

そもそも、永久脱毛ってナニ?

「こんなムダ毛とは、もう永久にサヨナラしたい!」

脱毛を始めるほとんどの方が、こんな思いをお持ちなのではないでしょうか?

そんな方々にとって、永久脱毛という言葉はとっても魅力的に響きますよね。永久にムダ毛の自己処理から解放されるなんて、素晴らしいことだと思いますよね。

永久脱毛の定義

果たして永久脱毛とは言葉の通り、永久に1本も毛が生えてこない脱毛のことなのでしょうか?

答えは残念ながら、NOです。

AEA(米国電気脱毛協会)によると永久脱毛の定義は、「脱毛終了後、1ヶ月経った時点で毛の再生率が20%以下である」ということです。

「0%ではないのね・・・」と残念に思うかもしれません。

しかし、その効果は十分なもので、永久脱毛を受けた多くの方は、受ける前と比べてムダ毛がほとんど気にならなくなる程なのですよ。

永久脱毛を受けられるのは脱毛サロン?クリニック?

そんな永久脱毛、どこでどのように受けることができるのでしょうか。

ズバリその答えは、永久脱毛は医療機関であるクリニックで、医師の診察を受けた方が行うことができる、です!

実は脱毛サロンで永久脱毛を行うことは法律で禁止されています。

といいますか、永久脱毛という言葉すら、脱毛サロンでは使用することを許されてはいません。

永久脱毛の仕組みを簡単に説明しますと、レーザーをお肌に当てて、毛根の中の組織を破壊し毛を再生させないようにします。

この「毛根の組織を破壊する」という行為が医療行為に当たるため、脱毛サロンのような医師のいない店舗ではこれが禁じられているんです。

よって、毛根を破壊させる永久脱毛は、脱毛サロンでは行えないことになっていいるのです。

ですので、どの脱毛サロンへ行ってもスタッフの口からは「永久脱毛が行えます!」や「毛が生えてこなくなります!」などの言葉は絶対に聞こえて来ないはずです。

スタッフの方は「脱毛の効果を期待することができますよ」「毛がだんだん薄くなります』などの、永久的ではないですが、今より薄く場合によってはほぼ目立たなくなります、といったようなニュアンスを使っていらっしゃるのではないでしょうか。

脱毛サロンで行う脱毛は、あくまでも「減毛」「抑毛」ということなのです。

「では脱毛サロンで行う脱毛は効果がないの?」という疑問が出てくるかと思います。

脱毛サロンではフラッシュ脱毛という脱毛方法が行われており、その効果は永久とは謳われていません。

しかし、徐々に毛が薄くなるという変化を、多くの方が感じています。

クリニックでの永久脱毛を選ぶか、脱毛サロンでの脱毛を選ぶかはこれから説明する2つのの違いを参考にしてくださいね!

脱毛サロンで行う脱毛

では、永久脱毛が認められていない脱毛サロンでは、どのような脱毛が行われているのでしょうか?

そのメリットやデメリットをご紹介していきます。

フラッシュ脱毛

現在、脱毛サロンでは「フラッシュ脱毛」という脱毛方法が主に行われています。

フラッシュ脱毛では、様々な波長の光を使用していて、光脱毛、IPL脱毛とも呼ばれています。

その様々な波長の光を、冷却ジェルを塗ったお肌に照射します。

照射された光は、毛根の黒い色のメラニンに吸収され熱を発します。

発せられた熱により、毛根の中の毛を成長させる組織にダメージを与え、毛を目立たなくしていきます。

2~3ヶ月に1度の間隔で続けると、徐々に毛が薄くなっていくという仕組みです。

永久脱毛ではなく、減毛、抑毛効果を期待することができる脱毛方法です。

※ただし、回数を多く重ねることで十分な脱毛効果を得ることはできます。減毛、抑毛という表現を使うのは、あくまでも法律上の建前なのだとご理解ください。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

先ほどもお話しした通り脱毛サロンでは、医療行為である毛根の組織を破壊することは禁止されています。

よって、照射される光の出力は、毛根の組織が破壊されない程度の出力に抑えられています。

ということは1回の脱毛の効果は控えめなので、一般的にレーザー脱毛よりも脱毛にかかる期間は長くなってしまいます。

同じ脱毛箇所でも、クリニックでなら1年から1年半で終わるところ、脱毛サロンでは2~3年かかるということもあります。

しかし脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、1度に照射する光が広範囲なので、レーザー脱毛よりも1回の脱毛時間が短くなります。

脚全体などの広範囲の場合には、脱毛にかかる時間が短くなるのは嬉しいですね!

脱毛にかかる期間が長くかかってしまうことは、デメリットとなりますが、出力が低いことはメリットにもなるんですよ!

それは、痛みが少ないことです。

「脱毛は痛い」というイメージをお持ちの方はとても多いと思います。

特に今までレーザー脱毛しか受けたことのない方は、痛みは強いという印象があるのではないでしょうか。

フラッシュ脱毛では出力が抑えられているので、痛みが少ないと言われているのです。痛みはイヤだけど、脱毛はしたい!という方には、大きなメリットですね!

もうひとつのメリットは、光の特徴から脱毛以外のところにも働きがある、ということです。

光は、お肌の表面に働きかける短い波長から、お肌の深部へと働きかける深い波長までを含んでいます。

よって、お肌表面のシミや、深部からのハリにも効果を期待することができるのです。これはとっても嬉しい効果ですね!

最後にひとつ気をつけたいのは、脱毛サロンは医療機関ではないため医師はいません。

万が一、脱毛によってお肌にトラブルが出た場合は、その場で処置を受けることができません。

お肌が弱くて心配な方や、既に皮膚トラブルがある方は、脱毛サロンのスタッフとよく相談をして始めることをおすすめします。

クリニックで行う脱毛

次は、クリニックで受けることのできる「レーザー脱毛」について、仕組みやメリット、デメリットをご紹介させていただきます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療レーザー脱毛とも言われ、医療機関でのみ行うことのできる脱毛方法です。

現在は、アレキサンドライト、ダイオードの2種類のレーザーが主流となっています。

こちらのレーザーを使用する脱毛機は、医療機関でしか取り扱うことが許されていません。

FDA(米国厚生省食品医療局)で永久脱毛の効果があるという認可を受けているんですよ。

仕組みは脱毛サロンのフラッシュ脱毛とほぼ同じです。

アレキサンドライトはジェルを塗らずに、冷却風や冷却ガスを吹き付けながらお肌から浮かせて照射します。(クリニックによってはより安全性を高めるために冷却ジェルを塗るところもあるようです。)

ダイオードは、お肌に冷却ジェルを塗って脱毛機を直接お肌に当てて照射をします。

照射されたレーザーは、毛根の黒い色のメラニンに吸収され熱を発します。

発せられた熱は、毛の中の組織を破壊し、もうそこからは毛が生えなくなります。

脱毛サロンと同様に、2~3ヶ月に1度の間隔で続けると効率の良い脱毛効果を実感することができます。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛は、永久脱毛である、ということがやはり1番のメリットなのではないでしょうか。

高出力のレーザーを照射することで、一般的には1年から1年半の期間でほとんどの毛を脱毛できるというのは、ムダ毛に悩んでいた方にとっては嬉しいポイントだと思います。

そしてダイオードは、毛根の深いヒゲのような濃い毛にも良い反応が出るので、他ではなかなか効果が出なかった濃い毛にも脱毛効果があります。

FDAから永久脱毛の効果を認可されているレーザーが使用されていることも、大きなメリットですね!

そして、医療機関ですから医師が常にいることの安心感もあります。

皮膚トラブルや、最初からお肌に悩みがある方は、医師の診察をいつでも受けられるということは重要ですよね。

デメリットはやはりそれなりに痛みを伴う点です。

高出力のレーザーを照射しますので、脱毛効果が高い反面、脱毛サロンのフラッシュ脱毛よりも痛みを強く感じる方が多いようです。

冷却ジェルをまめに塗布してもらうことで、やや痛みは軽減しますが、脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比べると痛みの面では諦めることが必要かもしれません。

クリニックの中には、痛みがどうしてもダメな方のために皮膚の表面麻酔を用意しているところもあるようですが、照射時の痛みの強さはレーザーが毛に反応しているのかいないのかを判断する材料にもなりますので、施術スタッフの経験値の高さが重要となります。

フラッシュ脱毛かレーザー脱毛を選ぶ理由

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛についての仕組みや違い、メリット、デメリットのお話しをさせていただきました。

ここで、2種類の脱毛方法の特徴などから、それぞれの脱毛方法にはどんな方が向いているのか、考えてみたいと思います。

まずは脱毛サロンのフラッシュ脱毛です。

フラッシュ脱毛は、出力が抑えめなので痛みがマイルドに感じられます。

脱毛にかかる全体の期間は長めですが、長くかかっても良いから痛みの負担を軽くしたいという方にぴったりの方法ですね!

毛質に関しては、ヒゲなどの毛根の深い毛には光の反応が届かず、脱毛効果が薄く、それなりの回数が必要となる場合もあります。

それ以外では、透明なうぶ毛以外なら、毛の黒さに光が反応するので徐々に変化を感じられるでしょう!

対してレーザー脱毛では、高出力で行うことができるので脱毛効果が高く、大体1年から1年半と短い期間で脱毛をすることができます。

痛みはあってもなるべく早く効果を実感したいという方にオススメです。

フラッシュ脱毛と同じく透明なうぶ毛には反応しませんが、普通の黒い色の毛にはしっかり反応をするので毛質は選びませんが、反応の弱い毛があった場合、レーザーの種類を変えて対応できるという利点もあります。

今まで何らかの方法で行った脱毛で効果が薄かった方や、トラブルが出てしまった方などは、レーザーの種類を変えて再度試してみることもできます。

加えて言うなら、医師の診察が必要なほど皮膚の弱い方や肌トラブルを起こしやすい方は、こちらを選んだ方が安心ですね。

以上の点は、あくまでも一般的なポイントです。

他にも脱毛サロンやクリニックの雰囲気、通いやすさ、予約の取りやすさなど他の要因とも合わせじっくり吟味をして選んでくださいね!

永久脱毛の魅力、脱毛サロンの魅力

脱毛サロンのフラッシュ脱毛とクリニックのレーザー脱毛、大きな違いは永久脱毛かそうでないか、ということですね。

永久脱毛とはどのようなものなのか、その違いがいまいち曖昧だった方は、スッキリすることができたでしょうか?

「永久脱毛だと思っていたのにそうではなかった!」、なんて方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

永久脱毛かそうでないのか以外にも、痛みや、脱毛期間、医療機関なのかそうでないのかなど、様々な違いがありました。

この違いをよく理解することで、ご自分に合った脱毛方法を選ぶことができます。

あまり詳しくない人は、つい「永久脱毛」という言葉に魅力を感じてしまうかもしれません。

しかし、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛にも、クリニックで行うレーザー脱毛(永久脱毛)にも、それぞれメリットとデメリットがあります。

選択する理由は、人それぞれです。

まずは納得するまで体験をして、カウンセリングを受けることが大切です。

実際に通っているお友達に、経過を聞いたりお肌を見せてもらうのも良いかもしれませんね。

脱毛する箇所の毛質によって、脱毛サロンとクリニックを使い分ける、なんていうのも脱毛上級者なのではないでしょうか?