ムダ毛なんて生えてこなければいいのに、女性なら一度は思ったことがありますよね。

脇から腕から足に背中に、生きている限り体中に毛という毛が生えています。

そんなムダ毛ですが、ある時を境に「急に濃くなった」と感じたことがある人も結構いるのではないでしょうか。

体調や生活環境など、ムダ毛が濃くなる原因はいくつかあります。

今回はそんなムダ毛が濃くなる原因と対策について調べてみました。

ムダ毛を剃ると毛は濃くなる?

ムダ毛を自己処理して剃ったり抜いたりするとムダ毛が濃くなるといいますが、正しい自己処理をしていればムダ毛が濃くなることは基本的にはありません。

ただし、毎回毛抜きでむりやり抜いたり、毎日のようにカミソリで剃ったりしていると肌がダメージを受けてしまい、そのダメージから肌を守ろうとするあまり毛が濃くなってしまうことはあります。

女性らしい肌を保つためにはムダ毛処理は必須ですが、間違った方法で処理をしないように注意していきましょう。

(参考記事) ムダ毛の剃り方 簡単にできてキレイに見える方法

ムダ毛とホルモンバランスの関係

ムダ毛が濃くなったり薄くなったりすることには、男性ホルモンと女性ホルモンが関係しています。

男性、女性どちらにも両方のホルモンが存在していますが、簡単にいうとムダ毛は男性ホルモンが増えることにより濃くなります。

また、頭の髪の毛は女性ホルモンの働きによるものですので、女性ホルモンが優位だとしっかりとした頭髪になり、逆に男性ホルモン優位になると抜け毛などが増えます。

このように聞くと男性ホルモンなんてなければいいのにと思われるかもしれませんが、当然ながら男性ホルモンもムダ毛を伸ばすためだけに存在しているわけではありません。

それぞれが体を作る上で重要な存在なのです。

男性ホルモンは、骨や筋肉の発達や運動機能に影響しています。また、やる気や向上心などの精神的なことにも必要です。

女性ホルモンは、自律神経を安定させたり、記憶力を保つ働きを持っていますし、女性特有の生理や妊娠をコントロールします。

男性ホルモンは副腎、睾丸で作られ、女性の体内の男性ホルモンは卵巣、副腎、脂肪、筋肉などから作られます。

女性ホルモンは卵巣で作られますが、男性の体内にある女性ホルモンは、コレステロールから作られますので、女性のおよそ半分の量しかありません。

とにかく、どちらのホルモンも健康な体を維持するために必要なものなのですが、このホルモンバランスが崩れることとムダ毛が濃くなることはとても深い相関関係があります。

男性ホルモンが増える原因

  1. ストレス
  2. 偏った食生活
  3. ダイエット
  4. 夜型の生活
  5. 睡眠不足
  6. 喫煙
  7. 妊娠期
  8. 更年期

妊娠期や更年期以外は誰にでもあてはまることが多いと思いますが、皆さんはいかがですか?

仕事をしているとストレスも多く、食事の時間もバラバラ、更には残業で睡眠時間が削られている…なんて人も今の時代たくさんいるかと思います。

私の友人の話ですが、男性並みに仕事をバリバリしていたことで生理不順になり、病院に行った結果「男性ホルモンが増えているのが原因だ」と診断されました。

彼女は確かに残業も多く、夜型の生活による睡眠不足と喫煙、外食も多かったので、ほとんどの原因がズバリ当たっていましたね。

また妊娠期は女性ホルモンがたくさん分必され、妊娠初期から出産までの間、女性ホルモンは増加し続けるのですが、過剰な女性ホルモンの供給もホルモンバランスが崩れる原因になります。

例えば「妊娠中はお腹が毛深くなる」って聞いたことありませんか?

私もこの記事を書いている今、小さい娘がいるのですが、妊娠していた時はおへその下から下腹部にむけて今まで見たことないような毛に覆われ本当にびっくりしました。ギャランドゥ、という単語が脳裏をスッとよぎっていきましたね(笑)

しかし、産後1~2か月してホルモンバランスが落ち着いてくると、それらの毛は急になくなります。

ですので、もしあなたがこれから妊娠したなら、妊娠中に急に毛深くなったからといって焦らなくても大丈夫です。

妊娠期とは反対に、更年期は卵巣の活動が低下することにより女性ホルモンが減少し、ムダ毛が濃くなることがあります。

生理がなくなると考え方や生活が急に男っぽくなった、というような話も聞きます。

ホルモンバランスの変化により、体調を崩しやすくなるうえに涙もろくなったり、または怒りっぽくなったりしますので、女性にとっては大変辛い時期です。

女性ホルモンを増やすには?

基本は食生活の見直し

女性ホルモンは脂肪から作られていますので、過剰なダイエットはホルモンバランスが崩れてしまいます。

また、喫煙すると女性ホルモンの分泌が落ちますし、体にもよくないのでやめましょう。

赤みの肉や塩分が多いものばかりを食べていると、男性ホルモンが活性化するので気をつけましょう。お肉も野菜も、食事はバランスよくとることが大切です。

濃くなったムダ毛にはイソフラボンやビタミンEを摂ると良いと言われているので、カボチャや大豆、卵や緑黄色野菜を食べるようすると良いでしょう。

また女性ホルモンを増やす食べ物としては、豆腐、豆乳、納豆、みそ、高野豆腐など、大豆が原料となっている食品が挙げられますね。

ホルモンバランスを整えるには毎日規則正しい生活をして睡眠を十分に取り、ストレスを溜めずに適度に発散する、そんな生活を送りたいのですが、忙しい現代社会においては中々贅沢な話だったりします。

ですので、忙しい人は手始めに食生活を見直してみてください。

食生活を変えたからといって急にムダ毛は薄くはなりませんが、それだけでも体の中は確実に変わっていきます。

サプリメントを効果的に取り入れよう

もっと手軽に女性ホルモンを増やしたい!という人は、やはりサプリメントが効果的です。

マカはタンパク質、鉄分、ビタミンなどの植物ステロールやミネラルを多く含むサプリメントです。

最近は不妊治療でも注目されていて、女性のホルモンバランスを整える働きがあります。

プエラリアミリフィカにはイソフラボンの中でも強いエストロゲン作用をもつプエラリンという成分があります。

エストロゲンは女性ホルモンの働きを活発にします。このエストロゲンは、妊娠すると急激に増えるホルモンの一種でもありますので、効果があるそうです。

このようにサプリメントは簡単に摂ることできますが、その反面栄養素の摂りすぎで逆に体調に異常をきたしてしまうこともあります。

特にプエラリアミリフィカは過剰摂取してはいけません。頭痛や吐き気、肌荒れや生理不順などの副作用が出る恐れがあります。

お医者さんも言っていることですが、サプリメントはあくまで生活のサポートであって、基本は普通の食事で栄養を摂取するのが望ましいのだということを頭に置いといてくださいね。

濃くなったムダ毛を抑えるには?

抑毛ローションでムダ毛を抑えつつ美肌をGET!

さてさて、生活習慣を改善したり、サプリメントを試すのもいいのですが、抑毛ローションのようなムダ毛に直接作用させるような手段もあります。

抑毛ローションとは、女性ホルモンに似た働きをする成分「大豆イソフラボン」を多く含み、それを肌に直接塗ることで毛根から毛を細く、薄くすることができると言われている製品のことです。

一昔前にテレビで紹介されて以降、今はドラッグストアやネット通販などで手軽に購入できるようなりました。

価格は1本500円から高いのになると7000円弱とピンキリですが、大体2000円前後のものがお手頃ですので気になる人は試してみるといいでしょう。

抑毛ローションのメリット

  1. 肌にやさしい
  2. 子どもにも使える
  3. 生理中でも使える
  4. 妊婦もOK
  5. デリケートな部分に使える

抑毛ローションやクリームの成分はほとんどが植物由来のもので作られていますので、肌にやさしいところが試しやすいかと思います。

敏感肌の人や子供にも使えますし、妊婦さんも使用OKなのがうれしいですね。

また、肌に良い成分が含まれているので、肌がデリケートになる生理中やカミソリや除毛クリームなどでは自己処理できない部分に塗ることもできます。

子どもはもちろん妊婦さんにも使えます。

まゆ毛やまつ毛には効かないそうですので、顔にも使えて傷口や肌荒れにも染みないそうです。

抑毛ローションのデメリット

  1. 即効性がない
  2. 効果には個人差アリ
  3. 使い続けなければならないので最終的なコストが高い
  4. 抑毛ローションだけではムダ毛はなくならない

お肌にやさしい分、抑毛ローションには即効性がありません。

1~3ヶ月使い続けてみないと効果がわかりませんので、気長に続けることが必要です。

また、効果にはかなり個人差があり、毛が細く薄くなったまま維持できる人もいるようですが、使うのをやめると元に戻ってしまう場合があります。

抑毛ローションは美肌になるなどのメリットがありますが、抑毛ローションだけではムダ毛は完全にはなくなりません。

要は「使い続けている間はムダ毛処理が少し楽になるかもしれない」というアイテムなのだと理解してください。


※オススメの抑毛ローション [鈴木ハーブ研究所] パイナップル豆乳ローション100ml 2700円

脱毛サロン、クリニックでムダ毛とは永久におさらば!

そんな悠長なこと言っていられない、すぐにでもこのムダ毛とさよならしたい、そう思う方は脱毛サロンやクリニックに通うことを考えてみてください。

私も脱毛石鹸、クリーム、ローションなど紆余曲折を経て最終的に脱毛サロンに辿り着いたんですが、「こんなにも効果があるならもっと早くに決断すれば良かった!」と脱毛完了した時に素直にそう思いました。

脱毛とはどういったものなのか、本当に効果があるのか、お値段はどのくらいなのか、詳しくは以下のページにまとめてありますので興味がある方は一度読んでみてください。

(参考記事) 脱毛したい!

ムダ毛が濃くなる原因 まとめ

このように日々の生活習慣でムダ毛の濃い薄いは思っているよりも変わってきます。

ですので、まずは今の自分がムダ毛が濃くなる生活を続けてしまっていないか、それを見直してみてください。

その上で抑毛ローションやクリーム、または脱毛サロンなどを合わせて検討してみると良いかもしれませんね。

なおムダ毛とは関係無い話ですが、上で紹介した私の友人のように強いストレスが原因で慢性的な生理不順になってしまったりムダ毛が濃くなったりしてしまった人は、一度産婦人科を受診することをオススメします。

妊娠、出産にも関係してきますし、ホルモンバランスの乱れにより骨粗鬆症など大きな病気につながる場合がありますので気をつけてください。