暖かくなってくると薄着になりますよね。そうなると服装によっては、脇が見えることもあります。

どんなに可愛くメイクしていても、オシャレをしていても脇が黒ずんでいたり、ぶつぶつができていたりすると、台無しになってしまいます。

薄着になる前に、脇のケアをしてすべすべ美肌な脇を手に入れましょう!

脇の黒ずみの原因とは?

毎日体を洗っているのに、脇だけが黒ずんでいるということありますよね。

脇の黒ずみの原因は大きく分けると二つです。

  1. 肌ダメージによるメラニン色素の沈着
  2. 角質や皮脂による汚れ

脇の黒ずみの原因① 肌ダメージによるメラニン色素の沈着

女性用カミソリ

メラニン色素とは日焼けの原因となるあのメラニンです。

日焼けは、強い紫外線により脳が肌を守るためにメラニン色素を出すように指示することで肌が黒くなっていくのですが、黒ずみも同じ原理で起こります。

度重なるムダ毛の自己処理によって与えられるダメージから、肌を守るためにメラニン色素が分泌され、結果として脇が黒ずんで見えてしまうのですね。

例えば皆さんは石鹸やボディーソープなどを使ってカミソリで剃っていませんか?

または毛抜きで無理やり抜いていませんか?

脱毛サロンに通ってツルツルの脇を手に入れた私も、以前はカミソリと毛抜きで自己処理していたのですが、当時はやはり脇の黒ずみが気になって気になって仕方なかったですね。

皆さんも経験あると思いますが、カミソリで剃っても黒ポチが残るし、すぐにまた毛が伸びてきてチクチクします。

そのチクチクが気になるから今度は毛抜きで処理するんですが、そうすると今度は埋没毛になってしまったり、ニキビ(毛のう炎?)ができてしまったり…。

ついでに言えば毛抜きで自己処理しようと思うと体勢がきついんですよね(笑)

とまあ、ムダ毛の自己処理はまさに二重苦三重苦だったなあと、今改めて思います。

脇の黒ずみの原因② 角質や皮脂による汚れ

脇は人間の体の中でも汗の分泌が多い部分です。

汗により皮脂汚れがたまりやすい上に、制汗剤などで毛穴をふさいでしまうことにより、汚れが落ちにくくなってしまいます。

そんな汚れや古い角質が黒ずみとなってしまう場合もあります。。

脇が黒ずんでいるからといってゴシゴシ擦って洗ってしまうと、かえって肌がダメージを受けてしまいます。

自己処理や皮脂汚れだけでなく、衣服による蒸れやこすれなども黒ずみの原因となります。

黒ずみが気になっている人は、きつい下着をつけたり蒸れやすい服は避けましょう。

黒ずみのケアの仕方

そんな厄介な脇の黒ずみですが、ケアする方法ももちろんあります。

オイルクレンジングでやさしく皮脂を落とす

オイルクレンジング

脇の黒ずみのケアとしてまずオススメなのは、オイルクレンジングです。

  1. 脇を洗い、清潔にします。
  2. 水分を拭き取り、脇を乾かします。
  3. 乾いた手でオイルクレンジングを脇に塗ります。(この時に力を入れないようにやさしく塗りましょう。)
  4. お湯を少しつけて、クレンジングを乳化させます。
  5. ボディーソープや石鹸をしっかり泡立てて洗います。(この時もこすらずにやさしく泡で洗う感覚で。)
  6. お湯で丁寧に洗い流します。
  7. 刺激の少ない化粧水をつけて、保湿をします。

皮脂は油ですので、オイルクレンジングが汚れを落とすには一番です。

刺激を与えるとメラニンが分泌されてしまいますので、力を入れずにやさしく洗うように気をつけてください。

また、オイルクレンジングも化粧水も肌にやさしいものを選びましょう!

スクラブで角質を落とす

もう一つのケアの方法としては、スクラブで古い角質汚れを落とす方法です。

  1. 脇を清潔にした後に、濡れたままの状態でスクラブクリームを塗ります。(オイルクレンジングと違い、濡れた状態で塗らないと肌が傷つく場合がありますので注意してください。)
  2. 力を入れずにやさしく撫でて角質を落としましょう。
  3. お湯でスクラブを洗い流します。(この時もこすらないように気をつけてください。)
  4. ボディーソープ・石鹸をしっかり泡立てて洗います。(手順3で落としきれなかったスクラブも泡でやさしく洗います。)
  5. お湯で丁寧に洗い流します。(スクラブが残っていないかチェックしましょう。)
  6. 化粧水をつけて保湿します。

黒ずみのケアとして重要なのは一貫して肌をこすらないということです。

刺激を与えてしまっては、黒ずみが悪化しますのでここは徹底しておきましょう。

また、スクラブは粒の大きいものより細かいものを選びましょう。

敏感肌用のスクラブもありますし、お店によっては手でテスティングさせてくれたりしますので、自分の肌に合ったものを探してください。

角質汚れにはスクラブが効果的ですが、要はスクラブって肌にヤスリをかけるようなものなので、毎日スクラブでケアをするのはいけません。

まずはオイルクレンジングで少しずつ様子を見てから、スクラブを使ってケアをしてみましょう。

一度スクラブでケアをしたら3、4日はあけるようにしてください。

また、脇にぶつぶつや炎症があるときはスクラブの使用は控えましょう!

ただし、2016年1月にアメリカで「マイクロビーズ除去海域法」という法律が成立しています。

細かいことは端折りますが、要はスクラブが海域の環境破壊に繋がっているから新たな製造販売を禁止するよって法律で、アメリカでは2017年7月以降スクラブ製品の製造を禁止、翌年の2018年6月には販売も全面禁止となる予定です。

角質除去に効果的だという触れ込みで2000年以前から人気だったスクラブ系のクリームや洗顔料ですが、残念ながら姿を消すことになりそうですね…。

汚れを落とした後は必ず保湿

皮脂汚れ、角質汚れ、ともにきれいに落とした後はしっかり保湿することも大切です。

せっかく脇の毛穴をきれいにしても、保湿しなければ毛穴は開きっぱなしで乾燥してしまいます。

汗の分泌が多くなる原因にもなるので気をつけてください。

脇の黒ずみはすぐには改善されません。

なので焦らず、肌のターンオーバーに合わせて1~2か月くらいは時間をかけてやさしくケアすることが大切です。

脇の黒ずみが気になるからといって、ファンデーションでカバーしたり、重曹で洗ったりするような荒業もネット上では紹介されていますが、つるつる美肌脇を目指すのであれば、やめておきましょう。

脇は皮膚がうすく、汗腺も多いところです。

デリケートな部分ですので、日頃からやさしくお手入れをして黒ずみを予防しましょう!

ちなみに、脇脱毛をすれば黒ずみはもちろん、日々の自己処理やお手入れからも解放されるのでとっても楽ちんです。

私もそうですが、脱毛した人の90%以上が「こんなに楽になるなら悩んでないでもっと早く脱毛しちゃえば良かった」と感じているそうですよ。

もし気になるのなら、ぜひ検討してみてください。