ムダ毛をなくしたい、現代に生きる女性の永遠の悩みですよね。

全体的に広い範囲に生えていたり、他は薄いのに一箇所だけやたら濃かったり、ムダ毛の生え方は人それぞれですが、とにかく体中からムダ毛というムダ毛をなくしたいと思ってる人は多いと思います。

そんな私達の気持ちをあざ笑うかのように生えてくるムダ毛たちですが、生活習慣や食事を見直すだけでもムダ毛を薄くすることができます。

ムダ毛をなくしたいあなたへのアドバイス1 女性ホルモンを増やそう

ムダ毛をなくしたいと思っている人は、まずは女性ホルモンを増やすことを心がけましょう。

食生活を見直すだけでも女性ホルモンは増やせますし、女性ホルモンが増えればムダ毛が薄くなるだけでなく、美肌やバストアップ効果まで得られる可能性があります!

女性ホルモンを増やす効果のある食品

  1. 大豆イソフラボンを含む食品
    →大豆、豆乳、納豆、豆腐、おから、みそ、高野豆腐、きなこ、など
  2. ザクロ
  3. キヌア
  4. バナナ
  5. アーモンド
  6. アボカド
  7. カボチャ
  8. 煎茶

大豆イソフラボンを含む大豆類、例えば豆乳を毎朝飲むだけでも良いですね。

また、卵巣の働きを元気にするビタミンEを含むアーモンド。カボチャ、アボカドなどを食べるようにしましょう。

ビタミンEは煎茶にも含まれていますので、食事で摂取できなければお茶でとり、老化を防ぎましょう!

バナナに含まれるビタミンB6は、女性ホルモンの代謝に必要ですし、卵のコレステロールはホルモンを作る材料になりますので毎日食べるようにしたいですね。

もちろん、これらの食べ物だけを食べるのではなく、生活の中でバランス良く取り入れていくのが寛容ですのでお忘れなく!

ムダ毛をなくしたいあなたへのアドバイス2 日々の生活習慣を見直そう

生活習慣を見直すといっても、明日から急に規則正しい生活を守り通せという訳ではありません。

大切なのは日々の生活の中で少しずつ、自分が取り入れられるものを意識してやってみてください。

例えば以下のような項目でしたら手軽に取り組むことができると思います。

  1. 冷え性を改善する
  2. 腹式呼吸を意識する
  3. 良質な睡眠をとるように心がける
  4. ストレスをためないようにする
  5. ツボ押し
  6. ハーブティーでリラックスする

女性にとって冷え性は悩みの種ですね、私なんかもそうなのですが、30代になると急に足に冷えを感じる人が増えてきます。

オシャレをしたい気持ちも分かりますが、極端な薄着をしたり体を冷やすような服装は慎むようにしましょう。

また普段から、床を素足で歩いたりせずに靴下やスリッパなどで冷えを防止してください。

レッグウォーマなどで足首を温めるのもオススメです。

またスポーツなどではおなじみの腹式呼吸ですが、正しい呼吸法を覚えるとストレスを減らし心身をリラックスさせる効果が期待できるってご存知でしたか?

リラックスできる姿勢で、次のように呼吸をしてみてください。

  1. 背筋を伸ばし、鼻からゆっくり息を吸い込みお腹を膨らませます。
  2. 口からゆっくり息を吐き、体の中に溜まった悪いものを全て口から吐き出すイメージで息を吐き切りましょう。この時、息を吸い込む時よりも時間をかけて吐き出してください。
  3. 上記を8~10回ぐらい繰り返し行います。不慣れな内は4~5回でも大丈夫です。

このように呼吸をすることで体内の副交感神経の働きを整えることができます。神経が高ぶって眠れない夜なんかにもおすすめなんですよ。

その他のツボ押しやハーブティなども、専門の知識がなくても日頃の生活に取り入れやすいので、スキマ時間を使って試してみてください。

オススメのツボ

  • 中院(ちゅういん)
    →女性ホルモン活性化する。
  • 百会(ひゃくえ)
    →美しい髪の毛を作る。
  • 合谷(ごうこく)
    →肌の新陳代謝を促す。

オススメのハーブティ

  • チェイストツリー
    →ホルモンバランスを整える働きがある。
  • ラズベリーリーフ
    →生理痛、月経前症候群にも効果あり。
  • セージ
    →美肌効果、リラックス効果がある。

ムダ毛をなくしたいあなたへのアドバイス3 永遠にムダ毛をなくしたいなら脱毛しましょう

正直、ムダ毛をなくしたいのであればこの方法が一番手っ取り早いです。

「整形手術をするみたいで何となく怖い」と思う人もいるようですが、例えるなら脱毛はその辺のマッサージエステに通うのと同じような感覚で通うことができます。

上で述べた2つのアドバイスももちろん美肌や健康など、女性の体を充実させるためにとても大事なのですが、今すぐ永遠にムダ毛とおさらばしたいのであれば潔く脱毛をすることをおすすめします。

ちなみに脱毛と一言で言ってもいくつか方法があります。

  1. 家庭用脱毛機で自分で脱毛する
  2. 医療機関に行って脱毛する
  3. 脱毛サロンに行って脱毛する

脱毛の方法その1 家庭用脱毛器

市販の家庭用脱毛機を使い、自分で脱毛するというのが一見手軽な方法のように思えますよね。

しかし、もしあなたが脱毛サロンやクリニックなどに通える環境にあるのなら、家庭用脱毛器はそこまでおすすめはしません。

というのも、家庭用脱毛器ってしっかりとした効果があるものを買おうとすると1台あたり5~7万円ぐらいと結構お値段が高いんです。

また、一人で施術する場合、当然ながら自分の手が届かない部位の脱毛はできませんし、そもそも自分で施術をするというのは想像以上に面倒臭いものだったりします。

それに脱毛器が肌に合わなかったり、中途半端な施術をして肌トラブルが起きてしまっても、それらは全て自己責任となってしまいます。

このように家庭用脱毛器は、実は結構手慣れた人向けのアイテムだったりもするんですね。

※ちなみに1台1~2万円ぐらいで買える家庭用脱毛器もありますが、そういう安価なものにサロンやクリニックと同じような脱毛効果はありません。ご注意ください。

脱毛の方法その2 医療機関、クリニック

医療機関や専門のクリニックでの脱毛はおすすめですね。

出力の強いレーザー脱毛器を使って脱毛をするので、多くの人が家庭用脱毛器や脱毛サロンよりも早い段階で効果を感じられるそうです。

またレーザー脱毛=永久脱毛ですので、これ以上にムダ毛をなくせる方法は他にはありません。

ただしそんなレーザー脱毛(医療脱毛)ですが、効果が強いがゆえのデメリットもいくつかあります。

まず第一にレーザー脱毛には痛みが付き物だということですね。

体の部位にもよるんですが、痛みを感じる部分はとにかく痛く、クリニックによっては麻酔クリームや笑気ガスのようなものを使い、麻酔を行ってから施術をします。つまりそれだけ痛いんですね。

そして第二にお値段が高いということです。

一昔前に比べると最近は脱毛器の普及で大分安くなってはいるんですが、それでも脱毛サロンの1.5倍ぐらいは最低でもかかるかなって印象です。

ただ、病院で施術を受けるので事前事後のケアはバッチリですし、万が一肌トラブルが起きてもお医者さんが診断してくれるので安心感はありますね。

脱毛の方法その3 脱毛サロン

家庭用脱毛器も医療脱毛もちょっとなあ……、とお思いの方は脱毛サロンを検討してみてください。

サロンでの脱毛はレーザー脱毛に比べて光の波長がやさしいので、肌への刺激が少なく痛みはほとんどありません。

レーザー脱毛よりも出力は弱いので短期間で脱毛完了とはいきませんが、キャンペーンなどを利用すればかなり費用は安くすみますし、VIOや顔まわりなどデリケートな部分ももちろん処理できます。

2010年ぐらいまではどこのサロンでもスタッフからの別プランの勧誘や他商品の営業がしつこかったり、人気の店舗の予約が半年ぐらい取れなかったりと正直ぐだぐだ感のある業界でしたが、最近ではそういった部分もしっかりと是正されてきて、初めての方でも気持ちよく通えるようになってきました。

ですので、気になっている方はまずはサロンの事前カウンセリングを受けてみることをおすすめしますよ。

私は大人になってから脱毛サロンに通いました

ちなみに余談ですが、私は色々と試したり迷ったりした挙句、最終的には脱毛サロンでの脱毛に落ち着きました。

CMとかで宣伝している大手さんではなく、地元の小さなエステ店で提供しているサービスで両脇と両手両足の指の脱毛を受けたんですが、それでもちゃんとムダ毛が減っていったのでとても満足してます。

脱毛サロンのメリットは何と言っても痛みがなくリラックスしたムードで施術が受けられる点です。ですので医療脱毛のような麻酔もありませんし、終始安心して身を任せていられるのが良いですね。

「ちょっと痛みを感じることがあるとは聞いたけど、別に何ともないなあ。」と、施術台の上で目を閉じながらそう思ってました(笑)

最近はミュゼのように両脇とVライン合わせて500円以内で脱毛できたりと安価なプランも出てきましたし、それに合わせて他の脱毛サロンも「え、本当にこの値段で全身脱毛できちゃうの!?」ってプランを打ち出してきてたりもします。

カウンセリング自体は大体どこも無料でできますので、もし迷っているなら「ダメだと思ったら断ろう!」の精神で一度飛び込んで見てはいかがでしょうか?

きっと良いことがありますよ♪