小学生や中学生で脱毛をする女子が急増している!?

みなさんが脱毛を始めたのは何才の時でしたか?

きっと高校を卒業した後という方や、アルバイトや就職をして収入を得るようになってから、という方が多いのではないでしょうか。

脱毛にはお金もかかりますし、痛みやお肌への影響も心配で小学生や中学生の子供たちとは無縁というイメージが今まではありました。

ところが最近では、脱毛をしたがる小学生や中学生が急増しているそうなのです。

最近ではメイクやファッションを楽しんでいる小学生や中学生が増えていますが、それと同じように脱毛をしたがったり、実際に脱毛をしているお子さんも多いようですね。

この記事を読んでいる方の中にも、小学生や中学生のお子さんから脱毛をしたいとおねだりされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それだけ、子供達の美意識(それとも羞恥心?)が高くなっているということですね。

また大人たちの中にも脱毛が浸透し、価格も下がって手軽に受けられるようになったことも、脱毛の低年齢化の理由の一つだと思います。

確かに、学校や習い事でムダ毛を理由にいじめにあってしまったらなどと考えると、親としては脱毛させてあげた方が良いかもしれないと考える方も多いと思います。

バレエやスイミングのような習い事をしていれば必然的にお肌を露出しますし、せっかくのレッスンなのにムダ毛が気になって集中できなくなってしもうのも可哀想ですよね。

しかし、小学生や中学生はまだまだ成長途中のお子様。

そんなお子様のお肌に脱毛のレーザーや光を当てて、果たして本当に身体への悪い影響はないのでしょうか?

小学生、中学生が脱毛をする際に注意したいこと

子供の皮膚と脱毛の相性

そもそも小学生や中学生の皮膚は成長途中の段階なので、大人の皮膚と比べて厚さが半分ということをご存知でしょうか?

皮膚の一番外側にある角質層には、バリア機能と保湿機能がありますが、子供の皮膚は未発達なのでその機能が十分に発揮されないこともあります。

この状態のお肌に、脱毛のレーザーや光を照射するのは少し心配になりますね。

皮膚の厚さが薄い分、火傷や炎症の皮膚トラブルも出やすいということなのです。

大人でも場合によっては火傷などを起こすこともある脱毛です。

小学生や中学生が脱毛をする場合は、万全なアフターケアや日焼け予防が必要になりますね。

しかし、完璧なアフターケアや日焼け予防は小学生や中学生にとっては難しいことです。

外で遊んだり、体育の授業などで日焼けをする機会も多い小学生中学生にとっては、脱毛にとって良い環境を作ることは難しいと言えます。

小学生や中学生が脱毛を受ける場合は、保護者が皮膚トラブルのリスクを十分に理解して、アフターケアや日焼け予防を協力して行うことが必要となります。

不安定なホルモンバランス

小学生や中学生で、月経が始まる前や始まってすぐの頃は、ホルモンバランスがまだまだ乱れがちです。

そのため、男性ホルモンが優位に働いていることもあります。

月経が始まって次第にホルモンバランスが整うと、女性ホルモンが優位に働くようになり、ムダ毛が少し薄くなることも考えられます。

小学生の頃、口周りのムダ毛が生えていた女の子でも成長とともにだんだん薄くなったというケースはよくあります。

また小学生中学生は、新陳代謝が活発で細胞分裂も盛んな時期です。

脱毛をして1度は毛がなくなっても、また新しく生えてくることが十分に考えられます。

安定した脱毛の効果が得られるのは、ホルモンバランスが安定してくる時期の生理が始まって5年後くらいが目安のようなので、仮に小学生や中学生の頃から脱毛を始めてもそれで終わりではないかもしれないことを、親子共に頭に入れておくと良いでしょう。

小学生中学生のムダ毛の処理方法は?

小学生や中学生にとっての脱毛は、私達大人に比べてそこまでメリットが高くないことは分かっていただけたかなと思います。

しかし、多すぎるムダ毛をどうにかしたい、同級生にムダ毛をからかわれて恥ずかしい思いをしてしまった、などという悩みを抱えている場合、何か適切なムダ毛の処理方法を見つけてあげたいですよね。

脱毛以外の方法ですと、以下のようなものが挙げられると思います。

  1. カミソリ
  2. 電気シェーバー
  3. 除毛クリーム
  4. 抑毛ジェル、ローション

ムダ毛の処理方法1 カミソリ

大人でも子供でも、ムダ毛の処理方法で最も多いのがカミソリを使った方法でしょう。

私が子供の時は石鹸の泡でシェービングするという無謀なことをやっていましたが、肌を傷つけてしまいますので必ず専用のシェービングクリームを使うよう指導してあげてください。

またカミソリでお手入れをした後は、保湿をしっかりしてお肌のアフターケアを忘れずに行うようにもしましょう。

ムダ毛の処理方法2 電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリに比べて肌を痛める心配がなく、刃が横滑りして怪我をするなどの心配がなく処理をすることができますね。

ボディー用、顔用と揃えてあげると喜ぶかと思います。

ただし眉毛まわりに使う時は十分注意しないと悲惨ですが……^^;

ムダ毛の処理方法3 除毛クリーム

除毛クリームは薬剤を使用してムダ毛を溶かす方法です。

色々なメーカーが商品を出していますが、基本的には肌に刺激の強い成分が入っているので、使用前にパッチテストを行い、肌質に合う場合のみ使うようにしましょう。

除毛クリームは大人でもダメな人はダメなので、取り扱いには十分注意してください。

ムダ毛の処理方法4 抑毛ジェル、ローション

即効性が薄いのですが、塗るだけでムダ毛が薄くなる可能性があるのが抑毛ジェルや抑毛ローションのようなアイテムです。

主にイソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きをする成分を配合してあり、それらがムダ毛の成長を抑制します。

植物由来の成分や美肌成分を多く含んでいる商品が多く、化粧水とか保湿クリームとかの代替品としての使用が想定されてますね。

ただし効果には個人差があり、また塗り続けないと意味がないため、おすすめ度としてはあまり高くはありません。気休め程度かな、と。

どうしても脱毛がしたいという場合

小学生や中学生にとって脱毛は皮膚トラブルの可能性が高く、脱毛後にまた新しく生えてきてしまうことがある。

そうと分かっても、どうしても脱毛をしたいというお子さんもいらっしゃると思います。

親としても、もし自分の娘がムダ毛のことでからかわれたり深く悩んでいたなら、きっとどうにかしてあげたいという気持ちになるかと思います。

そのような場合にはepiler(エピレ)Dione(ディオーネ)のような、子供でも脱毛を受けられる脱毛サロンを検討してみると良いでしょう。

これらのサロンでは、子供の皮膚の薄さやデリケートさを考えて、痛みや刺激の弱い脱毛機を使用しているそうです。

カウンセリングは保護者同伴で受けられるはずなので、興味があれば親子で受けてみてください。

なお、クリニックや美容外科などで使用している医療レーザー脱毛は、痛みも強い上、安全が保障できないという理由で小学生~中学生の脱毛は行なっていないところがほとんどのようです。

しかしながら、上記のように子供の脱毛OKと謳っている脱毛サロンにおいても皮膚トラブルが100%防げるという保障はありません。

少しでもトラブルの可能性を減らすためには、やはり保護者が安全な脱毛サロンかどうかを見極め、また保護者が協力してお子さんの日焼け予防やアフターケアについて万全を尽くすことが大切ですね。

子供達の気持ちに寄り添って

小学生から中学生ぐらいの年齢に脱毛をしても完全に毛をなくすことは難しく、お肌へのダメージなど心配事も多いのですが、見た目が気になるお年頃の小学生、中学生にとっては、ムダ毛が気になってくるのは避けられないことかもしれません。

「脱毛をしたい」とお子さんから言われて、つい反射的に「まだ早いでしょう?」と却下をしてしまいたくなるところですが、もし本気でムダ毛に悩んでいるのだとしたら頑なに反対をするのも何だか申し訳ないですよね。

親子のコミュニケーションのためにも、ムダ毛を気にするお子さんの気持ちに寄り添って一緒に解決方法を考えてあげることが大切かもしれません。

どんな結論が出るにしても、お子さんの安全面と精神面の両方を、保護者の方がしっかり考えてケアをして行きましょう!