人気脱毛サロンのミュゼ、予約が取れないって本当!?

若い学生さんから働く女性や主婦の方など、幅広い年齢層の女性に人気の美容脱毛サロン、ミュゼプラチナム。

テレビのCMもたくさん流れていますし、電車の中の広告、最近ですとスマホ広告なんかでも見たことがある方も多いでしょう。

人気の理由は、お手頃価格のキャンペーンなども多いので若い方でも脱毛を始めやすく、また全国に約180箇所も店舗があるので安心感があるといったところでしょうか。

また、トリンドル玲奈さんやラブリさんのような有名女性モデルがCMに出演をして、一気に有名になったというイメージもありますね!

そんな人気脱毛サロンのミュゼですが、お客さんが殺到しているだけあってネットの口コミなどでもたくさんの感想が寄せられているようです。

人気脱毛サロンだけあって良い口コミもそれなりにあるのですが、それよりも目立つのが「ミュゼは予約が取れない」というネガティブな内容の口コミなのです。

予約が1週間遅れるぐらいであればそこまで深刻な状況でもないのですが、人によっては次回の施術が4ヶ月以上後になってしまったりなど、脱毛サロンとしての役割をやや果たしきれていない印象を受けました。

というのも、脱毛というのは毛周期が成長期の時に合わせて、大体2~3ヶ月に1度のペースで続けることがとても重要です。そうしないと脱毛効果を十分に得ることができないからです。

そして予約が定期的に安定して取れないということは、それだけ効率が落ち、脱毛が進まないということです。

例えば、1年後の結婚式でウェディングドレスを着る時期に合わせて脱毛を始めたのに、予約が取れずに脱毛が進まないというのは困りますよね。

予約が取れる/取れないというのは、私たちにとっては最も深刻な問題です。

しかし、一体なぜ全国に180店舗もあるミュゼで予約が取りにくくなってしまったのでしょうか?

その理由と、2017年現在最新のミュゼの予約状況について調査してみました。

過去のミュゼの口コミを検索してみると

インターネットでミュゼの口コミを検索すると、大体2012年から2013年あたりの口コミに予約が取れないという内容のものが多く見られました。

具体的な口コミを挙げてみると、以下のように予約を取れずに困っている方が多かったようです。

  • 脱毛の契約後、初回の予約を取ろうとしたらなんと4ヶ月後しか取れなかった。
  • VIOラインは生理中は脱毛が出来ないので、予約を変更しようとしたら5ヶ月後になってしまった。
  • 希望通りの予約が取れないのでキャンセル待ちをしているが、仕事で忙しくマメに空き状況のチェックが出来なくて予約が取れない。

特に平日の夕方以降や、土日などは予約が取れないという声が多くありました。当たり前ですが、人の多い時間帯や曜日に予約が殺到していたようですね。

両ワキだけ、VラインだけのようなSパーツ部分なら短時間なので予約できるけれど、Lパーツや全身脱毛などの長時間の予約は全く取れないという口コミも多くありました。

予約が取れない人の対策として、ミュゼでは契約した店舗以外でも脱毛を受けることができるシステムなので、それを利用していくつかの店舗をブックマークしておいてA店で予約できなかったらB店、それがダメならC店……のようにローテーションを組んでいる人もチラホラと見かけましたね。

契約時に予約の取りづらさについて説明がなかった

契約時に予約が取りにくいという説明がミュゼからは一切なかった、という残念な口コミもありました。

予約が取れるか取れないかは、脱毛サロンを契約する際の大きな判断材料にもなります。

「こんなに予約が取りにくいなんて聞いてなかった!」という思いが、多くのクレームや悪い口コミにつながってしまったのかもしれません。

多少言葉を濁してでも構いませんので、予約状況については正直に伝えて欲しいですよね。

どうしてミュゼは予約が取りにくいの?

なぜミュゼではこのように予約が取りにくい状況になってしまったのか、その理由を分析してみました。

テレビCMで一気に知名度アップ

トリンドル玲奈さんがモデルとして起用された時のテレビCMが印象的だった方というのはたくさんいると思います。

あのテレビCMの効果で、ミュゼの知名度が一気に全国に広がりましたね。

会員数も激増し、人気のある地域の店舗では予約も激増したと考えられます。

ミュゼ トリンドル玲奈
※こちらは2013年、トリンドル玲奈さんのミュゼのテレビCMのワンシーン。画像だけだと伝わりづらいのですが、当時は物凄いインパクトがあったんです。

格安キャンペーン

ミュゼでは毎月、両ワキやVラインなどの脱毛に対して格安のキャンペーンを行っています。

一般的な他の脱毛サロンと比べても半額以下の価格で脱毛できるという驚きのキャンペーンなので、新規の会員もどんどん増えていることと思います。

両ワキやVラインはSパーツと呼ばれる小さい部位なので施術時間は短くて済みますが、それでも1日に捌ける人数には限りがあります。

そしてミュゼからすれば、新規の会員をまず優先的に施術しないと後が続きませんから、そうやって店舗のキャパシティをオーバーして予約渋滞のような状態になってしまうのでしょうね。

キャンセル料無し

ミュゼでは予約のキャンセルをしてもキャンセル料を取っていないので、結果として当日キャンセルがとても多くなっているようです。

キャンセル料無しはキャンセルをする側には嬉しいことですが、当日キャンセルのように直前にスルッと抜けられても他の予約を代わりに入れることは難しいですよね。

そして当日キャンセルした人は当然その日以降に改めて予約を入れようとする訳で、そういった流れがミュゼで予約が取りにくくなる大きな原因になってるんだと思います。

一口メモ:スルッと抜けるのはムダ毛だけで十分です!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

WEB予約システム

ミュゼのWebの会員サイトから予約を取ろうとすると、空きはあるのに、1度に予約できる分が制限されていて予約が取れないという声が挙がっていました。

例えば、デリケートゾーンのVIOラインと、鼻下、両ワキの予約を取ろうとしたけれど、予約は空いているのに2部位までしか予約が取れなかった……などということです。

その場合はコールセンターに事情を話せば全ての箇所の予約を取ることができたようですが、毎回そのように電話をする手間がかかってしまうのは面倒ですよね。

Web予約は便利な反面、システムの制限によって不便な面もあり予約がスムーズに取れない原因にもなってしまっていたようですね。

このように、会員数の増加に伴い予約も増えたけれど、それをスムーズに捌き切るだけの脱毛器や部屋の数、スタッフの人数、予約システムなどなどが、ミュゼでは追いついていなかったということですね。

テレビCMや広告の効果が経営陣の予想を上回るものだったのか、それとも意図的なものだったのか、その真偽は分かりません。

しかしとにかく2012年から2013年あたりのミュゼは、予約が取りにくい状況が続いていても広告をどんどん出して新規の契約は取っていて、それでさらに予約が取りにくくなるという悪循環に陥っていたようです。

予約状況の改善のためにミュゼのとった対応策は!?

予約が取りにくいと評判だったミュゼも、2015年頃から段々と口コミの雰囲気が変わってきました。

それはミュゼが予約状況改善のために、以下のような対策を打ち出したからのようなのです。

新しい脱毛機器の導入

ミュゼでは2015年7月から「ミュゼエクスプレス」という新しい脱毛器を導入し始め、2016年3月には全店にそれが設置されました。

この「ミュゼエクスプレス」はその名の通り、1回の施術が今までよりも速く行えることが特徴です。

それまでミュゼが使っていた従来の脱毛器よりも、脱毛のスピードがなんと5倍も速くなったそうです。

それに合わせて施術の工程など人の手が加わる箇所の作業も見直し改善した結果、トータルの施術時間が約半分になったんだそうです。

これなら1日に1店舗が脱毛できる人数も格段に増え、結果として予約も取りやすくなったという訳です。

ちなみにこれも改善の一環なのかは分かりませんが、脱毛時に使用する冷たいジェルも改良され、冷たくないジェルになったそうです。

ジェルを塗る時のヒヤッとする感覚は、夏場はまだ我慢するとしても、冬場は結構辛かったですよね。

それを気にしなくて済むようになったというのも、さり気なく嬉しい改善ですね☆

短時間の予約は1週間前から

ミュゼの予約が取りにくい理由の1つに、両ワキだけ、Vラインだけのような短時間の予約が連続して多く入っているために、長時間のまとまった時間の予約を入れるスキマが無いということがありました。

この現象を改善させるために2016年3月1日からは、「20分以内に終わる脱毛の予約は1週間以内になってからでないと行えない」というシステムになったようです。

つまり、脚や背中など広い部位で施術に長い時間を要する予約を先に受け付け、短時間の脱毛は直前になってから長時間の脱毛の合間に入れるようにして、予約を無駄なく消化するように改善されたのです。

Lパーツのような高額かつ長時間の脱毛を契約した人が優先なのか?という印象を受けるかもしれませんが、実際には短時間の脱毛は1週間前からでも予約が取りやすいようなので、結果としてほとんどのお客さんに平等に予約のチャンスが行き渡るようになったようです。

アプリの充実

ミュゼではスマホのアプリからの予約は今までもできていましたが、更に予約が取りやすくなるように「ミュゼパスポート」としてスマホアプリがリニューアルされました。

この「ミュゼパスポート」は簡単な操作で予約ができるだけでなく、予約を希望した日に取れなくても、行きたい日時を指定しておけばキャンセルが出た時に通知をしてくれる「空き時間通知機能」が付いています。

これなら、まめにホームページや電話で空き状況を確認しなくてもいいので、予約が空いたタイミングにすばやく予約をすることができますね!

その他にも、毎月半額チケットのクーポンなどがもらえたりなどの便利機能が付いています。

これにより電話、ウェブ、スマホアプリと予約受付の体制が整い、人それぞれのライフスタイルに合わせて利用しやすい予約方法を選べるようになりました。

改善対策後のミュゼのユーザー口コミの傾向

さて、上記のような改善策を打ち出した後の口コミですが、予約に関しては以前よりも取りやすくなったという声が聞こえてくるようになりました。

その反面、ちょっと気になる口コミを見かけるようにもなりました。

剃り残しに厳しい

1つは脱毛箇所のムダ毛の「剃り残し」に厳しすぎるという声です。

恐らく、施術時間短縮のための工程の見直しで、シェービングは自宅で完璧にしてもらう方針になったのだと思います。

剃り残しのシェービング対応は意外と時間を取られるので、それを削れば施術時間の短縮に繋がるということでしょう。

しかし、背中やデリケートゾーンのシェービングも自分一人で行うというのはちょっと無理がありますよね。

実際それで無理に自分でシェービングをして皮膚に赤みが出てしまい、肝心の脱毛を断られてしまったという口コミもありました。

他にも、剃り残しがあってかなり厳しく注意をされ、その日は脱毛をしてもらえなかったという口コミもありました。

予約を多く消化するための対策だとは思いますし、全く自宅でシェービングをしてきていないのは困るのもまあ分かります。

しかし、サービスの品質を落としてまで厳しくすることに何か意味はあるのかなと、私個人は思いますね。

脱毛効果が落ちた

そしてもう1つは、新しい脱毛器「ミュゼエクスプレス」についての感想です。

皮膚の上を滑るように当てるだけなので確かに脱毛時間は短くなったけれど、それに比例して脱毛の効果が下がってしまったように感じるという口コミです。

全ての方がそう感じている訳ではありませんが、以前の脱毛器に比べると毛が抜けないという口コミがやや目立ちました。

また、スタッフが新機種に慣れていないためか、打ち漏れが目立つという声もありました。

予約が取れるようになっても効果が落ちたのではあまり意味がありませんよね……。

ただ、これはスタッフのミュゼエクスプレスへの習熟度の問題だと思いますので、2017年以降に施術を受ける場合でしたらおそらくそこまで不安に思わなくとも大丈夫だと思います。

ミュゼの予約はピーク時と比べると大分取りやすくなりました

結論を言いますと、ミュゼの予約は2012年あたりのピーク時と比べると大分取りやすくなったと言えます。

ミュゼエクスプレスなどの導入で施術時間も短縮されて、両ワキVラインのようなSパーツはもちろん、全身脱毛のような時間のかかっていた脱毛も通いやすくなりました。

ミュゼは全国に店舗があり、お手頃な価格で若い方でも脱毛を始めやすい、とても魅力的な脱毛サロンだと思います。

一部まだ至らないところもあるようですが、今後も改善を続けてさらに多くの方に支持される人気サロンでいて欲しいですね。

実際にミュゼで脱毛をした方のリアルな口コミ体験談をこちらのページにまとめてあります。ぜひ参考になさってください♪

(参考記事) ミュゼプラチナムの口コミ、体験談