気が付いたらいつの間にかできてしまっているシミ。

それなりに気をつけてスキンケアをしていても、年齢とともに増えていきます。一つでもあると老けて見えてしまいますので、できるだけシミを作りたくないですよね。

シミと同じようなもので、頬のあたりにできる小さなシミの集まりを肝斑(かんぱん)といいますが、これは30代あたりから急に出てきます。

シミができるのはなぜなのか?肝斑との違いはあるのか?など気になりますよね。

また、シミや肝斑があっても顔脱毛はすることができるのか調べてみました。

シミができる原因・肝斑ができる原因

シミ 肝斑

シミができる原因

シミができる原因としては、ほとんどの場合が紫外線による肌への刺激です。

紫外線を浴びると肌の奥のメラノサイトが活性化し、メラニン色素を分泌します。これによってシミができてしまいます。

紫外線は一年中降り注いでいますが、一番強くなる時期は春先~夏にかけてです。

まだ肌寒いからといって紫外線対策をせずに外出したり、曇っているから大丈夫などと思わずに春からしっかりと紫外線予防をすることが大切です。

肝斑ができる原因

肝斑ができる原因には、紫外線ではなく女性ホルモンが関係しています。

妊娠や出産などでホルモンバランスが崩れることでできてしまうことから、30代~40代の人に多く現れます。

50代になり閉経すると、それまであった肝斑が薄くなったり、消えてなくなったりします。

しかし、紫外線が全く関係ないとは言いきれず、紫外線対策をしていなければ、肝斑が広がったり濃くなったりしてしまいます。

紫外線はお肌にとって大敵なんですね……。

シミには種類がある

肝斑は女性ホルモンが原因でできるのが主な原因ですが、シミは紫外線だけで作られるとは言いきれません。

ほとんどのシミは紫外線を浴びることで作られますが、間違ったスキンケアをしていることで知らないうちにシミを自分で作ってしまっている場合もあります。

  • 紫外線により作られるシミ
  • 外的刺激により作られるシミ

紫外線により作られるシミは、春先に紫外線対策をせずに外出した時などになってしまう「うっかり日焼け」などが原因です。

また、海やプールなど日焼けをするアウトドアを頻繁にしていると、すぐにシミができてしまいます。

ここで、紫外線予防のアイテムを紹介します。

  • サングラス
  • UVマスク
  • UV加工された服
  • UVカットアーマー
  • つばの帽子

シミを作らないためには、紫外線を浴びないことが一番です。

きつい日焼け止めを塗るより、UVカットアイテムを使って肌に直接紫外線を当てないように心がけでください。

しかし、予防のアイテムを全部をつけると変質者のように怪しくなってしまいます。

春先にサングラスは恥ずかしいという人は、UVカットメガネやUVカットマスクがおすすめです。

外的刺激によるシミは、文字通り肌の外側から受ける刺激が原因でシミができることです。

クレンジングや洗顔、メイクなどによって肌をこすったり、頬杖をついたりすることで起こります。

朝の時間がない時やポイントメイクを落とす時など、知らず知らず力が入ってしまい肌をこすっていることがあります。

スキンケアやメイクはできるだけ優しく、時間にゆとりを持ってするようにしてください。

シミを作らないためのスキンケアとは

シミを作らないためには、まず第一に紫外線を直接浴びないようにし、外的刺激による肌へのダメージをなくすことが必要です。

そして第二に、毎日のスキンケアをしっかりと行い、肌が乾燥しないように気をつけることが大切です。

私たちの肌は毎日するクレンジングや洗顔により、肌の水分をキープするための皮脂や油分まで洗い落としてしまっています。

メイクや汚れを落とすことは重要ですが、何事もやり過ぎはお肌にとって刺激になってしまいます。

やってはいけないクレンジング&洗顔方法は以下の通りです。皆さんはどうでしょうか?

  • オイルタイプやシートタイプでのクレンジング
  • クレンジングの後に洗顔をするW落とし
  • 熱いお湯を使っての洗顔

オイルクレンジングやシートタイプのクレンジングは刺激が強く、皮脂まで落としてしまいます。

また、クレンジングの後に洗顔料を泡立てて洗っている人がほとんどかと思いますが、このW洗顔もおすすめできません。

理想は一回でクレンジングと洗顔ができる商品をつかうことですが、肌に優しいそういった商品ではポイントメイクなどは落ちにくいです。

ポイントメイクはコールドクリームなどで落としてから、肌に優しいクリームクレンジングやミルククレンジングを使うことをおすすめします。

クレンジング&洗顔は絶対に力を入れずに優しくやりましょう!

シミや肝斑があっても顔脱毛はできるのか?

顔にも産毛があり、特に口の周りや顎、もみあげなど定期的に処理しなければいけませんよね。

多くの人がカミソリで処理していると思いますが、やり過ぎは外的刺激となって、シミだけではなく肌が傷つく原因にもなってしまいます。

どんなに気をつけて処理していても、肌の調子が良くないときなどはヒリヒリしたり、肌トラブルを起こしてしまいますよね。

美肌をキープするためには顔剃りはできるだけしない方がいいのですが、そういうわけにもいきません。

そこで気になるのは顔脱毛という方法です。

顔という部分ですので、家庭用脱毛器で自己処理するのは正直迷いますよね。

また、シミや肝斑があっても、顔脱毛ってできるのか不安ですよね。

脱毛にはレーザー脱毛とサロン脱毛がありますが、結論から言うとどちらもシミや肝斑があっても顔脱毛はできます。

美容クリニックで使われているレーザー脱毛機はもともとはシミ用に使われていたものなので、シミが薄くなることはあっても濃くなることはありません。

また、サロン脱毛は、光が肌に優しいのでこれもシミが濃くなることはありません。敏感肌やニキビ肌の人でも顔脱毛ができてしまいます。

顔脱毛をすると黒いムダ毛がなくなり、肌の色が明るくなります。

そして、ムダ毛がなくなることで毛穴が引き締まり、ニキビや肌荒れなどもしなくなります。

ほくろは反対に薄くなってしまって、シミのように茶色くなることがあるそうなので、注意が必要です。

顔脱毛はサロンでするのがおすすめ

シミや肝斑があっても顔脱毛はできますが、美容クリニックでの脱毛とサロン脱毛とどちらがいいのでしょうか?

体の脱毛に関してはおすすめなのはサロンです。

クリニックでの脱毛は痛みがあり、また料金も高いので通うのが辛いという意見があります。

レーザー脱毛は、光の照射が強いので効果は早く出るのですが、部位によっては医師から痛み止めの麻酔を勧められるほどです。

ですので痛みに弱い人や、そうでなくても麻酔にかかる費用がもったいないなと思う人は、レーザー脱毛はひとまず保留とした方が良いかもしれません。

対してサロン脱毛は光の照射が優しい分、痛みはほとんどありません。

レーザーに比べて効果は落ちるので合計で通う回数はクリニックより多くなりますが、料金はキャンペーンなどを利用してかなりお得に済ませることができます。

クリニックのように麻酔代を追加で支払うこともありませんので、費用面においてはサロン脱毛の方が安心です。

痛みや料金のことなどを考えると、顔脱毛はエステサロンで受けるのがおすすめと言えます。

ちなみにですが、顔脱毛にかかる費用を概算ですがお伝えしておきます。

まず、美容クリニックなどでのレーザー脱毛の場合、安いところでも5万円ほど、高いところだと14万円ほどかかります。

施術自体は5回~6回(約1年間)で終了しますが、1回の施術に2万円以上かかることもあるので、やはり高いですね。

一方サロンの顔脱毛は店舗によってプラン構成に差があって比較しづらいのですが、施術1回あたり6千円から1万円が大体の相場ですね。

ただしこちらは脱毛完了まで10回ぐらい通う必要があります。

その他、季節や時期によってお得なキャンペーンを行ってる場合もありますので、詳しいことは各クリニックやサロンへ行き実際にカウンセリングでお話しを聞いてみるのが良いでしょう。