ムダ毛処理の中で一番人に聞けないのが陰毛の処理方法ですよね。

中には剛毛で悩んでいる人もいると思います。

なんとかして陰毛を薄くしたいけど、やり方がよく分からないなんて意見もあると思います。

最近はVIO脱毛をする人も増えてきていますが、日本人の多くが陰毛はそのまま何も処理していないそうです。

陰毛の処理どうしてる?なんて友達でもなかなか聞けないですよね。

脱毛に行くのが恥ずかしい部位でもありますので、みんながどのようにしているのか調べてみました。

人には聞けない陰毛の処理方法

ムダ毛の処理方法で一番人には聞けない陰毛……。

そのままでは濃すぎるので陰毛の量を調節して薄く見せているという人が多いです。

陰毛が濃いと水着を着るのをためらいますよね。また、彼の家に泊まる時などもどうしようかと思ってしまいます。

脇よりもデリケートな部分ですので、カミソリで剃るのも迷ってしまいます。

また、皮膚はデリケートなのに、陰毛は太くて硬いですよね。

調べてみたところ、除毛剤やブラジアンワックスの使用者が多いようです。

しかし、陰毛全てをケアしてしまうのは嫌だという意見もあるようですね。

自然な感じに残したいという人は、Vラインをカミソリで処理し、Iラインをはさみで切るという方法で処理しています。

アメリカでは陰毛は処理するのが当たり前

最近でこそ日本でもVIO脱毛する人が増えてきましたが、アメリカでは陰毛は処理するのが以前からの常識、当たり前のことなんだそうです。

アメリカでは、ブラジリアンワックスを使う人が多く、男性でもはさみでカットしているようです。

陰毛が不潔という意識があり、ブラジリアンワックスの公式サイトを見てみたところ、「パートナーが外国の方にお勧め」と記載がありました。

それだけアメリカでは男性女性問わず陰毛のケアが浸透しているんですね。

また、中東では脇と陰毛は処理することが戒律で決まっている……?という噂も聞きました。

蒸れやすい部位なので、暑い国では衛生面から処理することが当たり前になっていったそうです。

陰毛を処理するのは世界中で当たり前ではないようですが、国によっては処理していないとならないようですね。

日本では、温泉に入った時などあまり濃いと気になりますが、反対にツルツルでも目立ってしまいそうですよね。

濃すぎる陰毛をちょうどいい感じに薄くするにはどんな方法が一番いいのか、また陰毛を薄くするメリットはあるのか見てみましょう。

陰毛を薄くするメリット

  • 水着を着る時に気にならなくなる
  • 生理中の不快感が軽減される
  • 生理中のにおいが気にならなくなる
  • 人に見られても気にしなくて済む

多くの日本人が陰毛はそのままということですが、陰毛をちゃんとケアすると上記のようなメリットがあります。

まず、水着や下着から陰毛がはみ出さず、きれいに着ることができます。

陰毛が下着からはみ出ていると男性は幻滅してしまうそうです。まあ当たり前ですよね……(笑)

彼の前ではいつでもきれいでいたいので、自分のためにも彼のためにも処理することをオススメします。

陰毛をケアすると、生理中の経血による不快感やにおいが軽減されます。

陰毛に経血がつくと雑菌が繁殖し、蒸れやにおいの原因となってしまいますので、女性としては是非ともケアしておきたいですね。

また、温泉に行った時にあまりにボーボーだと目立ってしまいます。

ツルツルでもなんだか気になりますが、見られても恥ずかしくない程度の薄さにはしておきたいものです。

陰毛を薄くするには(自己処理編)

  1. ブラジリアンワックス
  2. はさみで切って長さ調節
  3. 抑毛ローション&カミソリ&はさみ

① ブラジリアンワックス

陰毛を自分で薄くする方法としては、ブラジリアンワックスが一番早いです。

しかし、いかにも「やりました」的な仕上がりになることもあるので、気になる場合は注意が必要です。

仕上がりの効果が良く、無添加で評判の高いのがアンジェリカワックスという商品で1セット5724円(税込)ですね。

VIO処理なら5回分で半年使える量なのだそうですが、7000円以上購入で送料無料なので、送料をかけたくなければ最初から2セット買わなきゃいけないのがちょっと難点ですね。

また要はガムテープでバリバリ抜くやつの強化版なので、慣れるまでは覚悟が必要なんだそうです。

② はさみで切って長さ調節

Iラインが伸びてくると、ボーボー感が出てしまうのではさみで切って長さを調節するというやり方もあります。

しかし、はさみで切ると先端が尖ってしまい、処理後数日はチクチクしてしまうので我慢が必要です。

はさみでお手入れした時のチクチク感がどうしても気になるという場合は、Vライントリマー(ヒートカッター)などを試してみてください。

熱で切り口が丸くなるので、チクチク感が抑えられますよ☆

③ 抑毛ローション&カミソリ&はさみ

ちょっと手間ですが、抑毛ローション、カミソリ、はさみを合わせると、自然な仕上がりになるそうです。

Vラインをカミソリで処理し、Iラインの長さをはさみで調節し、朝晩抑毛ローションをつけると陰毛は細く柔らかくなり、薄くなります。

しかし、抑毛ローションは効果が出るまで早くて1ヶ月ほどかかりますので、根気よく続けなければいけません。

抑毛ローション自体は肌に優しいのでいいと思いますが、毎日のケアが大変になります。

どうしても恥ずかしくて脱毛にいけないという場合は試してみるのもいいかもしれません。

ちなみに抑毛ローションで人気が高いのはコントロールジェルMEという商品ですが、初回限定の25%OFFで5300円(税込)でした。

これを朝晩毎日つけないといけないので思ったよりも消費が激しく、だったら素直に脱毛しちゃった方が早いのでは……という気分にさせられます。^^;

陰毛を薄くするには(脱毛編)

さて上でもちらっと触れましたが、陰毛を薄くするには思い切って脱毛してしまうという方法もあります。

医療脱毛やサロン脱毛、家庭用脱毛器と様々な選択肢がありますが、まず家庭用脱毛器はおすすめしません。

効果自体は最近の家庭用脱毛器もそれなりにあるのですが、全てを自分で行わなければならないところにトラブルの種があるんです。

VラインはともかくIOラインは自分の目では見えませんよね。そこに無理して脱毛器を当てようとすると、言うまでもなく必ず失敗します。

さらにアフターケアなども、サロンや医療機関で使われるジェルやクリームには炎症を抑える成分などが含まれていることがほとんどなのですが、自宅でそれらを用意するのはやや面倒臭いですよね。

かといってそれをしなければ脱毛した箇所がニキビみたいになって肌荒れしてしまいますし……。

とにかく、もしあなたが脱毛サロンか美容外科のようなクリニック・医療機関に掛かれる環境にいるのなら、あえて家庭用脱毛器を選ぶ必要はありません。

残るはサロン脱毛か、それともクリニックでのレーザーによる医療脱毛かですね。

これはどちらも一長一短ありまして、まず医療脱毛の利点は効果が高く・早く・永続的に続くというこの3点です。

一言で言ってしまえば、レーザーによる医療脱毛=永久脱毛なんですね。

ただしその分価格もエステサロンに比べれば一回り高く、また脱毛効果が強い分、施術には強い痛みを伴います。

その痛みを抑えるために各種麻酔を使うぐらいには、まあ痛いんですよね。そこがデメリットかなと。

対して脱毛サロンではそこまで痛みは感じません。

麻酔などしなくとも我慢できる、普段からやり慣れてる人であれば軽くうたた寝できるぐらいには優しく自然な刺激だけです。

ただその分脱毛効果はレーザー脱毛に比べて弱く、脱毛完了まで時間がかかるのが弱点ですね。

特にVIOの脱毛は両ワキや腕の脱毛よりも回数が多くかかる傾向にあるので、長所短所をよく考えた上で選ぶことをおすすめしますよ。

参考:サロン脱毛、完了までの回数の目安
実感できるまで 完了まで
腕や脚 3回 6回
両ワキ 4回 10回
VIO 12回 30回から40回

※上記の回数は目安値です。脱毛の効果には個人差があります。
※レーザー脱毛の場合、上記よりもやや早めに脱毛完了できる傾向にあります。

VIO脱毛におすすめしたいサロン、クリニック

もし今あなたが脱毛に興味をお持ちでしたら、絶対に後悔しないサロンやクリニックを選んで欲しいと私は思います。

そこで、当サイト調べでユーザー評価の高い2つのサロンと1つのクリニックを、あらかじめお伝えしておきます。

もちろんその他のサロン・クリニックを選んでいただいても構いません。あくまでも選ぶ際の参考になればそれでOKです☆

① 老舗の脱毛サロン 銀座カラー

まずおすすめしたいのが老舗で人気脱毛サロンの銀座カラーです。

脱毛サロンと聞くとミュゼの名前を出す人が多いと思いますが、銀座カラーはミュゼなどよりもずっと以前から美容エステ業界でコツコツと地に足を付けた運営をしてきた信頼の置けるエステサロンです。

ユーザーの口コミを見るとスタッフさんは淡々としてて、親しみが持てるというよりは病院やビジネスホテルみたいに我々お客さん側からは一歩引いた対応の方が多いみたいですね。多分マニュアルなのでしょう。

ただ脱毛効果の方はほとんどの方が星4~5を付けていて、全体的な満足度・おすすめ度も平均4点とかなりの高評価です。

一考の価値ありだと自信を持って言える脱毛サロンですね。

参考:銀座カラーの口コミ、体験談

② 激安価格の全身脱毛プラン La・Vogue(ラ・ヴォーグ)

次に見てもらいたいのがこちらのLa・Vogue(ラ・ヴォーグ)です。

ラヴォーグの魅力は何と言っても激安価格の全身脱毛プランを打ち出してるところですね。

それでいて効果の方もしっかりと感じられるようなので、VIOだけでなく両ワキや腕、足などその他の部位も一気に脱毛してしまいたいという方におすすめです。

以前はパーツごとのプランも用意されていたのですが、2017年時点ではメニューに書いてない店舗が多いですね。

ですのでVIOだけを考えている人には向きませんが、どうせなら全身!と思ってる人にならぜひおすすめしたい脱毛サロンです。

参考:La・Vogue(ラ・ヴォーグ)の口コミ、体験談

③ 全国で多数の実績・安心と信頼 湘南美容外科クリニック

こちらは名前の通り医師が診察・施術を行う医療機関ですね。有名なのでご存知の方も多いと思います。

やはり実績の多さはピカイチで、効果の方も脱毛サロンのそれとは一線を画して素晴らしいと評判ですね。

ですので早く脱毛を終わらせたいと思っているのなら、おすすめなのは湘南美容外科クリニックです。

まああえて難点を言いますと、湘南美容外科はサロンではなくれっきとした病院・医療機関ですので、エステサロンなどと比べるとスタッフさんの対応がやや冷たく感じられることもあるそうです。

あと友人とかに「私、湘南美容外科行ってるよ」とか言うとちょっと驚かれることもあるとか?確かにサロンに比べると名前が少し仰々しいですからね(笑)

でもその後は「湘南美容外科って実際どうなの?良いの?」と食い気味に聞かれるらしいので、みんな興味はあるみたいですね。

参考:湘南美容外科クリニックの口コミ、体験談