ムダ毛が生えてくる部位の中で、最もいらないと思うのは脇ではないでしょうか?

あんなに狭い場所なのに、太くてしっかりした毛があるのって本当に嫌ですよね。

夏になると、服の袖口から脇が見えることもありますし、いつも気を付けておきたいところです。

ある脱毛サロンのアンケートによると、男性から見ても女性から見ても女性のムダ毛の中で一番気になる部位が脇なのだそうです。

脇毛の処理方法は、カミソリやシェーバーで剃ったり、除毛クリームで溶かしたりする方法などがあります。

誰もが気にしている脇毛を、自宅で簡単に処理できる方法について見てみましょう。

脇毛が生え始める時期

そもそも、脇毛はいつから生え始めるのでしょうか?

ムダ毛には、ホルモンが関係しています。

成長期にこのホルモンの分泌が活発になることから、小学校高学年から中学生になる頃には脇や陰部などに急に毛が生え始めます。大体、12歳~13歳くらいには生え始めるそうです。

脇毛は、生えていることに自分では気が付いていない子供も多いです。

小学生の間では、友達から冷やかしやいじめの原因になってしまうこともあり、最近では小学生でもムダ毛を処理しています。

中学生になると、友達もみんな脇毛の処理をしていましたね。私なんかはついうっかりプールの授業の時に処理を忘れていたりしてひやひやすることもありました……。

自宅でできる処理方法

脇毛の自己処理として、自宅で簡単にできる処理方法はやはりカミソリで剃るという方法かと思います。

電気シェーバーで剃るという方法もありますが、電気シェーバーはカミソリほど深剃りできないので、カミソリ派が圧倒的に多いです。

3大・脇毛の処理方法

  1. カミソリで剃る
  2. 電気シェーバーで剃る
  3. 除毛クリームで溶かす

自宅で簡単にできる方法としてはこのくらいです。

脇は他人に一番見られたくない部位ですので、頻繁に処理しているかと思います。

除毛クリームを使うと、ムダ毛の根本の方から溶かすので次に生えてくるまで長持ちしますが、毛を溶かすので肌への刺激や臭いはきついものが多いのが問題です。

電気シェーバーは、カミソリや除毛クリームよりも肌への密着が少ないため、肌への負担も少なくできる方法です。

しかし、深いところまで処理できないので、すぐに脇毛が伸びてきてごま塩状態になってしまいます。

また、カミソリや電気シェーバーは、毛をカットしますので、脇毛の先端が尖ってしまいます。

伸びてきた脇毛が肌に当ってチクチクするという経験、皆さんありますよね?

どの方法も簡単にはできますが、きれいな状態を長く維持することは難しいです。

ムダ毛を毛抜きで抜いては絶対ダメ!

カミソリや電気シェーバーで処理する方法がチクチクするなら、「抜いてしまうのはどう?」という人もいるでしょう。

しかし、脇毛に限らずムダ毛は毛抜きで抜いてはいけません。

何年も抜き続けると毛穴が開き、傷つき、炎症を起こして跡が残ってしまうことがあります。

かつては私も、あのチクチクが嫌で一本一本毛抜きで抜いていました。

毛抜きで抜くという方法で処理すると、次に生えてくる毛はチクチクしません。

カミソリよりも伸びてくるのに時間がかかるので、処理する回数も減っていいように思うかもしれませんが、抜くという方法は絶対にしてはいけません。

無理やり抜かれた毛は、見た目はきれいに見えますが、毛穴の中はムダ毛を作っている毛細血管から毛根が引き離され、傷ついています。

カミソリや電気シェーバーでは毛穴までは傷つきません。

傷となった毛穴は次の脇毛を作る時に、より強い毛を作ろうとしますので、前よりもしっかりとした太い毛になってしまいます。

また、傷を治そうとして毛穴が塞がり、次に生えてきた毛が外に出られずに埋没毛になります。

こうなると見た目も悪くなりますし、かゆみなども出てきて大変です。

ニキビのような炎症を起こしたりすると、ほくろのように跡が残ることも……。

脇の下を覗いてると首も痛くなりますし、それだけ苦労して抜いてもいいことはあまり無いのでできれば毛抜きでのお手入れはやめましょう!

脇毛の自己処理は限界がある

ムダ毛の処理は、脇毛に限らず、ずっとしなければいけません。

今の時代は、ムダ毛処理は身だしなみとして当たり前となっています。小学生からムダ毛を気にしなければいけません。

そんな永遠に付き合っていかなければいけないムダ毛の処理方法として、一番オススメなのが脱毛するという方法です。

脇毛を剃っても、溶かしても、毛根がある限りずっと脇毛は伸びてきます。

毛抜きで抜いても毛細血管の再生能力までは破壊できませんので、また脇毛は生えてきてしまいます。

しかし、脱毛は光を当てて、この毛の再生力を破壊してムダ毛を減らしていくのです。

カミソリやシェーバーで剃る方法、除毛クリームで溶かす方法も、簡単にできる方法として紹介してきましたが、一番はムダ毛処理から解放されることです。

どんなに正しい方法で処理していても、何年も続けると皮膚が黒ずんだり、カミソリ負けを起こしたりします。

脇の黒ずみができてしまうと、治すのにとても苦労します。

「何とかしたい!」と思うあまり、いろいろやり過ぎて悪化する場合もあります。

このように脇毛の自己処理は、簡単ですがどの方法も限界があると言えます。

脱毛サロンで脇毛とお別れしませんか?

脇毛の処理方法として、脱毛が一番オススメな理由を挙げましょう!

脇脱毛のメリット

  • 料金が安い
  • 黒ずみや肌荒れをしない
  • 面倒な自己処理をしなくて済む
  • 服装や腕を上げることに迷わなくなる
  • 施術に痛みがない

このように、脇脱毛にデメリットはありません。

若い頃、私は脇毛を気にするあまり毛抜きでお手入れをしていたんですが、やはり毛のう炎などの肌トラブルには悩まされ続けました。

それが一念発起して脱毛サロンに通い始めたら、脱毛している間に一度も肌トラブルが起きませんでしたし、それでいて毛抜きでお手入れをしたかのようにツルスベの状態が保てて、日々の自己処理から解放されて本当に楽になりました。

脱毛には医療脱毛や、家庭用脱毛器で自分でする方法もありますが、脇脱毛だけでしたらダントツにサロン脱毛がオススメです。

医療脱毛はレーザーですので、同じように光を当てて毛の再生力を破壊していくのですが、光の波長が強いのでかなりの痛みがあります。

また、保険適用外ですので料金が10,000円から15,000円ほどかかります。

家庭用脱毛器は、やはり自己処理になりますので、使い方や商品選びを間違えると肌トラブルを起こしてしまいます。

価格もしっかりとしたものだと5万円以上とかなりしますので、人によってはやや割高な買い物になってしまうこともあります。

それに比べてサロン脱毛は、脇だけならミュゼなどで行っているキャンペーンを利用すると数百円で脱毛できてしまいますし、他のサロンでも高くても数千円です。

プロが肌状態から毛周期までしっかり見てくれますし、安心安全で痛みもほとんどありません。

私は腕や足よりも、まず脇毛の自己処理から解放されたくてサロン脱毛しましたが、本当にやってよかったです。

脇だけなら一回30分程度で施術は終了しますし、脱毛を始めると脇毛もどんどん減っていくので自己処理の回数も自然と減ります。

子供の脇毛をなんとかしたいと思う人は抑毛ローションとカミソリを併用することがオススメ、という記事を見ましたが、抑毛ローションもあまりオススメできません。

効果にはかなりの個人差があるのと、使い続けなければいけないのでコストがかかってしまいます。

肌に優しい成分でできているので、美容目的ならば使うことはよいことなのですが、ムダ毛の処理方法としては即効性がないです。

私は娘がいますが、もし娘が年頃になって脇毛やその他のムダ毛で悩み始めたら、迷わずサロン脱毛に連れて行こうと思ってます。

子供の肌は大人よりデリケートなので間違った自己処理をして欲しくないですし、何より自分のように悩まなくていいことで悩むよりは、さっさと解決して欲しいですしね(*˘︶˘*).。.:*♡

という訳で、脇毛の処理方法で一番簡単でよい方法はサロン脱毛することだと、私は強くおすすめしますよ☆