脱毛テープについてお教えします

脱毛テープで行うムダ毛処理 使い方からおすすめ商品まで

自宅で脱毛、除毛を行う際、様々な方法があると思いますが、皆さんは「脱毛テープ」をご存知ですか?

脱毛、除毛についてはカミソリで行っている方が最も多いかと思います。

その次に脱毛クリーム(除毛クリーム)を使われている方が多いのではないでしょうか?

カミソリに関しては手の届く範囲ならどこでも使えますが、一歩間違えば肌を切ってしまうこともあります。

また、脱毛クリームは毛を溶かすほどの強力な薬剤を使用するため、基本的に顔やデリケートゾーンには使えません(一部の商品はデリケートゾーンにも使えます)。

顔やデリケートゾーンにも使えるお手軽な脱毛方法について、今回は脱毛テープをご紹介したいと思います♪

今回は脱毛テープがどういったものなのかということから、おすすめの商品までご紹介したいと思います。

脱毛テープで行うムダ毛処理 使い方からオススメ商品まで

脱毛テープって何?

ご存知の方も多いかもしれませんが、まず「脱毛テープとは何か」というところから始めたいと思います。

脱毛テープでの脱毛は、脱毛したい箇所に専用のテープを貼り、それを剥がすだけという簡単なものです。一度に広範囲のムダ毛を処理することができるため、愛用されている方も多いかもしれません。

毛抜きで一本ずつ抜くのは手間がかかりますし、電動脱毛器を買うにしても1万円前後からと気軽には手を出しにくいですよね。

その点、脱毛テープは1,000円以下から購入でき、一気にムダ毛を処理することができます。毛抜きによる脱毛の煩わしさから解放されますね。

また、電動脱毛器よりもはるかに安く購入でき、気軽に試すこともできる点もGoodですね!

ムダ毛自己処理の方法として脱毛クリームもありますが、私が調べた限り全ての商品が顔には使えないことになっています。また、ほとんどの製品がVIOもNGのようです。

脱毛テープは比較的お金や手間がかからず、あらゆる箇所を脱毛できる素晴らしい脱毛アイテムなんです(*^^*)

脱毛テープイメージ

脱毛テープの性質

「脱毛テープはガムテームと何が違うの?」といったことを思われたり、「脱毛時に皮膚も一緒に引っ張られるのでは・・・」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

脱毛テープは脱毛を行うために研究・開発されたテープです。

脱毛テープは、毛に密着しやすく皮膚にくっつきにくい、という性質を持った脱毛に特化した特別なテープです。

脱毛テープはガムテームなどとは全然違うものですし、脱毛時に皮膚にくっつき引っ張って痛みやダメージを与えてしまう、ということも少ないように作られています。

カミソリによる除毛は毛を切断するため、断面が平らになり毛穴が目立ったり、毛が太くなったように見えてしまいます。また、カミソリは肌の角質ごと削り取ってしまい肌にダメージを与えやすい除毛方法です。

一方、脱毛テープは毛根ごと脱毛するため、次に生えてくる毛は先が細く、自然な仕上がりになります。さらに毛根が復活し、新しい毛が生えてくるまでの期間も長くなります。

今までカミソリでの処理を行っていた方も、脱毛テープを検討されてもいいかもしれません。

脱毛テープのメリット

ここでは脱毛テープのメリットについて触れてみたいと思います。

脱毛テープのメリット

気軽に使える

脱毛テープはドラッグストアやネットストアで簡単に手に入り、その価格も比較的安く1000円以下から購入できます。気軽にお試しできる点がメリットの一つですね。

広範囲を一気に処理できる

脱毛テープは脱毛したい部位にテープを貼り剥がすだけです。誰でも簡単に広範囲のムダ毛を、一気に処理することができます。

例えば脇毛を処理したい場合、うまく脱毛テープを貼れば脇毛のほとんどを一気にきれいに脱毛することが可能です。

毛根から抜き取る

カミソリでのムダ毛処理は肌の上に出てきてる部分を角質を削りながら、切断する除毛方法です。

人によっては1日もすればまた処理しなければならず、毛が薄く伸びるのが遅い人でさえ、1週間に2、3回は処理を行わなければなりません。

カミソリでの自己処理を長期間続けると、肌質によっては黒ずみを起こしてしまいます。そして、この黒ずみが一度起こると、カミソリでの除毛を続けていく限り、改善は期待できません。

例えば「脇」は目立つ部分ですし、黒ずみを起こしてしまうと目も当てられないですよね・・・。

その点、脱毛テープを使った脱毛は毛根からムダ毛を抜き取るため、次に毛が生えてくるまでの期間が長くなり、お手入れの回数も減らすことが可能です。

また、頻度や使用部位にもよりますが、脱毛テープはカミソリによる除毛より肌に与えるダメージが少ない脱毛方法になるかもしれません。

見えない箇所も脱毛可能

カミソリでの除毛や、毛抜きで脱毛は目に見えていて手の届く範囲以外を処理するのがかなり困難です。

例えば、VIO、特にIやOゾーンをカミソリで処理するのは肌を切ってしまう可能性もあり、危険なのではないでしょうか?

また、毛抜きで1本ずつVIOを処理するのはとても手間がかかりますし、何より痛いですよね(ToT)

脇も皆さんご存知かと思いますが、毛抜きでの脱毛はとにかく手間がかかります。そしてこれもまた痛い(ToT)

その点、脱毛テープは処理したい部位に貼り剥がすだけなので、見えない場所の脱毛も比較的簡単に行うことが可能です。

VIOや脇、背中も頑張れば自分でできますね。もし、家族やパートナーにお願いできるなら、テープを貼ってもらってもいいかもしれません。

「剃って」とお願いするのはちょっと辛いものがありますが、「貼って」ならお願いしやすいのではないでしょうか?

脱毛テープのデメリット

脱毛テープについてメリットを見てきましたが、次はデメリットについて見ていきましょう。

脱毛テープのデメリット

肌にダメージを与える

「脱毛テープの性質」で「毛に密着しやすく、皮膚にくっつきにくい」と書きました。

しかし、皮膚に完全にくっつかないわけではないので、脱毛テープによって肌にダメージを与え、場合によっては肌トラブルにつながってしまう可能性もあります。

脱毛テープを本格的に使う前に目立たない部位で試してみましょう。

赤くなったり、痒みが出たりするようでしたら、脱毛テープによる脱毛は諦めるべきです。

痛みを伴う

毛抜きで脱毛をしたことがある人なら想像がつくと思いますが、脱毛テープによる脱毛はそれなりの痛みを伴います。

一本ずつ抜くのも痛いですが、一気に抜くのもそれなりの痛みを伴います。

ただ、脱毛テープは一回覚悟を決めれば一気に脱毛できるので、毛抜き等で1本ずつ抜くよりは楽だと思います。

ただし、脱毛テープによるVIOゾーンの脱毛は比較的強い痛みを伴います。脇はVIOゾーン程は痛くないでしょう。

脱毛テープは「痛みに強い」、「肌が強い」方に向いている脱毛方法だと言えるでしょう。

キレイに脱毛できない場合も・・・

脱毛テープを正しく貼り、うまく剥がさないとキレイにムダ毛の脱毛ができません。

その結果、抜けた部分と抜けていない部分でまだらになってしまう可能性があります。

脱毛テープは肌へのダメージを与えてしまう脱毛法です。そのため、間隔をあけず何度も同じ部位に使うことは肌トラブルの原因になりますし、おすすめできません。

「やっぱり脱毛テープはやめようかな・・・」と思われた読者の皆様、キレイに脱毛テープを使うコツもあるので安心してくださいね♪

この記事をもう少し読み進めていただいたところで脱毛テープを使う際のコツについても書きましたので、参考に脱毛テープを使っていただければと思います。

永久脱毛できない

この記事では脱毛テープをおすすめしてきましたが、注意しなければいけないこともあります。

脱毛テープは毛根ごと引き抜くため、しばらく毛は生えてきません。しかし、毛根はまた再生しますし、ムダ毛はまた元通り生えてくるようになります。

もし、ムダ毛と永久にさようならしたいなら、脱毛サロンの光脱毛か、美容クリニックの医療レーザー脱毛を受ける必要があります。

脱毛サロンについてはこの記事の最後でおすすめをご紹介させていただきますね♪

脱毛テープの使い方とコツ

脱毛テープはドラッグストアやネットストアで1000円以下から手に入り、簡単お手軽に使える便利な脱毛アイテムです。

ですが、正しい使い方をしなければ充分な効果を得ることはできません。ここでは、正しい使い方とキレイに抜くコツをご紹介したいと思います。

ある程度ムダ毛を伸ばす

脱毛テープを使う際は、ムダ毛がある程度伸びている状態でないと十分な効果を得られません。

ムダ毛が短いと脱毛テープにうまくくっつかずキレイに抜くことができません。

具体的には最低5mm程度はムダ毛を伸ばしておく必要があります。

脱毛部位を清潔に

脱毛テープに限った話ではないですが、脱毛後は毛穴が開くため、そこから雑菌が入り炎症等の肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

脱毛テープを使う前は脱毛部位を清潔にし、雑菌が入り込みにくい状態にしてから脱毛を行いましょう。

雑菌が入り込むと毛穴が「毛嚢炎」を起こしてしまうことがあります。毛嚢炎はニキビに似たできものですが、これができてしまうと見た目が美しくありませし、治るまで時間もかかってしまいます。

毛嚢炎
出典:aquyo-cosmetics

脱毛テープを使う際は「脱毛部位を清潔に」を必ず守るようにしましょう。

毛穴を開いておく

脱毛テープで脱毛を行う際は、毛穴が開いた状態のほうが抜けやすく、また痛みも少なくすみます。

入浴やシャワーを浴びたり、蒸しタオル等で毛穴を開いてから脱毛テープを使いましょう。

蒸しタオルはタオルを水で濡らし、レンジで温めることで用意できますが、熱くし過ぎてやけどをしないように注意が必要です。

毛穴を開いた後の注意点ですが、脱毛部位が濡れた状態だと脱毛テープがくっつきにくくなり、うまく抜けません。水分をしっかり拭き取ってから脱毛テープを使うようにしましょう。

皮膚に密着させる

毛穴を開いて水分を拭き取り、準備が整ったらいよいよ脱毛テープを貼りますが、その際に空気が入らないように注意しましょう。

脱毛テープと皮膚の密着面積が最大になるように貼りましょう。

貼った後は脱毛テープの説明書に記載してある説明通りの時間待った後、一気に剥がしましょう。

時間を過ぎているのに放置しておくと体温で脱毛テープの粘着力が弱くなる可能性があります。

貼り方の詳細は各脱毛テープの説明書に記載があると思うので、それに従って貼るようにしてください。

残った毛の処理

脱毛テープで脱毛をうまく行っても、どうしても抜ききれずに残ってしまう毛はあります。

間隔をあけずに同じ部位に脱毛テープを使うと肌に負担がかかってしまいます。

残っている毛はそれ程多くないと思うので、毛抜きで処理するようにしましょう。

アフターケア

脱毛テープを使った後、毛穴から雑菌が入りやすく、肌もダメージを受けている状態になります。肌トラブルを防ぐためにしっかりと保湿し、肌を守るようにしましょう。

その際は余分なものの入っていない、肌に優しいローションやクリームを使うことをおすすめします。

毛穴を閉じることも大切なので、脱毛テープで脱毛を行った後は脱毛部位を冷たいタオル等で冷やすようにしましょう。

おすすめの脱毛テープ

エピラット 脱毛テープ

エピラット 脱毛テープ

こちらの製品は日本の有名メーカー「Kracie」の製品です。日本の有名メーカーの製品ということで安心感がありますね。

広範囲に使えるタイプとミニサイズのタイプがあるので、脱毛したい部位によってどちらにするか選ばれるといいかと思います。

また、この商品は肌に優しいカモミールエキス、海藻エキスが配合されており、肌の保護のことも考えられている商品です。

注意点として、この商品は腕、足のムダ毛にしか使えず、脇、VIOゾーン、顔等には使用できません。

もし、脇、VIOゾーン、顔等、デリケートな部分の脱毛を行いたい場合は以下に紹介するヴィートの商品がおすすめです。

ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用

ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用

世界で売上・シェアNo.1を誇る脱毛ブランド「ヴィート」の商品です。
こちらの商品は1.5mmの短い毛、生えかけの毛を毛根から簡単に抜き去ることができます。

肌に優しい有効成分や含まれていたり、ふきとりシートが付属していたりと初めての方や敏感肌の方にぴったりです。

使用可能部位は足、腕、脇、ビキニラインとなっていますが、背中やうなじ等にも使うことができます。

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用

こちらも同じくヴィートの商品です。「顔のムダ毛のお手入れを肌にやさしく簡単に。」をテーマに作られた商品です。

こちらも先程のヴィートの商品と同じく肌に優しい有効成分が含まれており、ふきとりシートも付属しています。

使用可能部位ですが、こちらは顔も可となっています。

おすすめ脱毛テープ まとめ

腕、脚など肌が強い部分には「エピラット 脱毛テープ」をおすすめします。

脇、VIO、顔など比較的、肌がデリケートな部分には「ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用」または、「ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用」がおすすめです♪

脱毛テープ まとめ

今回はとても便利でお手軽に使える脱毛テープについてご紹介させていただきました。

皆さんは脱毛テープを試したいと思われましたか?

脱毛テープの脱毛効果は最大で4週間と言われており、カミソリで処理を行うことを考えるとムダ毛処理の手間はかなり軽減されます。

しかし、次に生えてくる毛が「埋没毛」になってしまう可能性もあります。

埋没毛
出典:嗚呼、学習の日々

※埋没毛とは、皮膚の下で新しい毛が育ってしまった状態を指します。ムダ毛が渦をまいているのが皮膚の下から透けて見えるため、見た目は美しくありません。

脱毛テープはパーティでドレスを着る等、急遽ムダ毛の処理を行わないといけないという場合に向いています。

ご紹介させていただいたように、脱毛テープには様々なメリットがあります。

しかし、長期間に渡って使い続けることは、手間、お金、肌へのダメージの点であまりおすすめできません。

もしあなたが本当にムダ毛をどうにかしたいと思っているのなら、脱毛サロンやクリニックなどでちゃんとした施術を受けることをおすすめしますよ。

仮にレーザーを使った永久脱毛でも完了までには最低でも半年、長ければ2~3年かかりますから、始めるなら早いほうが良いです!

最近ではどのサロン・クリニックでも無料でカウンセリングを行っているので、ぜひ一度検討してみてくださいね♪